入院

一般病棟 Convalescence rehabilitation ward

一般病棟とは

急性期疾患の治療・回復を目的とした病棟です。
検査・手術が必要な場合や肺炎・感染症など集中的な治療が必要な時期から安定する時期までの方を受け入れ、早期から理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が、日常生活動作の向上を目的としたリハビリテーションを行い、患者さんの早期退院・在宅復帰を支援します。

病棟の特長

急性期治療(Acute Care)
各種疾患患者の急性期入院治療を行っています。外科、内科、整形外科、眼科、歯科(歯科口腔外科)の疾患を対照とした混合病棟になります。救急搬送患者の受け入れや、手術が必要な患者などの総合的な診察ならびに治療を行っています。
手術風景
亜急性期治療(Sub Acute Care)
救命救急処置が必要な急性期だけでなく、在宅療養や施設入所している患者さんの状態が悪化した場合(亜急性期)の受け入れも積極的におこなっています。主治医や施設スタッフからご連絡をいただき迅速に入院受け入れを行います。入院直後から積極的な治療を行い早期の退院を目指します。即日入院にも対応いたします。
手術治療(Operation)
当院は一般外科、消化器外科、整形外科、眼科、歯科口腔外科の各診療科における手術治療を行っています。一般病棟ではこれらの手術を受けられる患者の受け入れ、手術前後の管理(周術期管理)を複数の医療スタッフによるチーム医療で行っています。
集団リハビリテーション
リハビリテーション
365日継続したリハビリテーションの提供を行っています。 疾患、患者の状態に合わせ、作業療法士(OT)、理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)がそれぞれ連携しリハビリを提供いたします。
また、手術患者(消化器外科手術や整形外科関節手術等)に対しては術前からリハビリを行い、術後も手術の内容・回復の状態に合わせ、きめ細かいリハビリテーションを提供いたします。
他病棟との連携
急性期治療後にさらなるリハビリテーションが必要となった場合には、疾患、状態に応じて回復期リハビリテーション病棟での継続したリハビリテーションも検討します。 一方、回復期リハビリテーション病棟の患者が急性期治療が必要となった場合の一般病床への受け入れも迅速に対応しています。
退院支援
退院に際しては、担当医だけでなく、地域連携室スタッフ(ソーシャルワーカーや専属看護スタッフ)とも密接な連携をとりながら、患者、ご家族、関連施設やケアマネージャーも交えて調整をさせて頂きます。

病棟概要

病床数
2階病棟 25床、3階病棟 30床
医師数
常勤医 12名(医科9名、歯科3名)
看護基準
10:1
スタッフ
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士