部門紹介

いろいろリハ Various rehabilitation

当院ではリハビリテーションを特に重要視しています。高齢の患者さんの場合、急性期治療を終え入院された患者さんの日常生活動作(ADL)は病前と比較し著しく低下しています。在宅復帰のためには十分なリハビリテーションが必要です。地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟での充実したリハビリテーションにより在宅復帰を目指すことはもちろん、退院後も訪問リハビリテーションなどの在宅部門にも力を入れ、安心できる在宅生活を支えます。

個別リハビリテーション
理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が365日、最大3時間の個別リハビリテーションを実施します。運動機能や認知機能、嚥下機能など患者さんの状態を総合的に評価し、最適なリハビリテーション計画を立案し、治療を行います。
集団リハビリテーション
人とのふれあいや楽しみの要素を取り入れた集団リハビリテーションを行っています。生活に必要な動作を集団で行うことで互いに協力し会話を楽しみながらリハビリテーションを行うことができます。また、日中ベッドで寝ている時間を減らすことは、運動や認知機能の低下を予防し、回復への近道となります。
Rehabilitative Intervention
for Daily Living(RIDL)
トイレや更衣、歩行など、日常生活の中で介助が必要な動作について、リハビリスタッフがピンポイントで専門的に関わります。個別・集団リハビリテーションに加え、一人ひとりに必要な動作へ的を絞ったこの取り組みは、目標とする動作の早期獲得を可能とし、退院へと導きます。
摂食嚥下
リハビリテーション
高齢者は疾病などが悪化した場合、嚥下(飲み込み)機能が低下し疾病は治癒したものの、食事ができず在宅復帰ができない状態になることがあります。そうしたことを防ぐため、言語聴覚士(ST)を中心に入院後早期から嚥下機能を評価し、適切な食事で機能訓練を行っていきます。
膀胱直腸機能
リハビリテーション
尿意・便意の回復とトイレ動作の獲得は、在宅復帰を目指すリハビリテーションにおいて、摂食嚥下と並ぶ最重要課題のひとつです。自らの意志で、自らトイレで排泄を行う。この当たり前の更衣を入院後早期から行っていただけるように全力でサポートしています。
ホームワークの
促進
個別・集団リハビリテーション以外の時間を有効に活用していただくため、療法士は患者さん一人ひとりに応じたホームワーク(自主練習)を提供しています。患者さんが高いモチベーションでホームワークを実施することが退院への近道です。コーチ役としての療法士のスキルも非常に重要となります。
ロボットリハビリテーション
の導入
効率的な歩行をサポートする歩行訓練機器です。歩行時の股関節の動きを検知し、コンピュータがモーターを駆動させ、股関節を曲げる脚の振り出し、及び股関節を伸ばす脚の蹴り出しの誘導を行います。連続歩行だけでなく、リハビリとしてステップ練習も可能なロボットスーツです。
総合的なリハビリテーション視点
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は各々の職種としての専門性を高めながら、お互いの専門性を知り・認め、そして共有し合います。特に在宅でのリハビリテーション実施時にはトータルな関わりが求められています。また、この視点は強力なリハビリテーションチームをつくるには不可欠な概念です。