部門紹介

リハビリテーション部 Rehabilitation Department

平成横浜病院では総勢30名を超えるリハビリテーションスタッフが在籍し、発症直後の急性期から退院後の外来・訪問リハビリテーションまで行っており、地域のみなさんに幅広くリハビリテーションを提供しています。 また、整形外科専門チームを立ち上げ、医師や多職種と密に連携を取れる体制を整え、特に人工膝関節・股関節全置換術前後のリハビリテーションに於いて、力を入れています。手術翌日から立位・歩行訓練を行うことで早期の社会復帰を目指します。

リハビリテーション部の取り組み

1
すべての分野の
リハビリを
実施しています

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が疾患別リハビリにおいてすべての分野のリハビリを実施しています。

いろいろリハ
2
1日でも早い在宅復帰を
目指します

入院初期から、退院後は外来での継続的なリハビリで支援しています。

外来リハビリテーション
3
食べる楽しみを
大切に

当院では食べる楽しみを大切にしています。医師指導の下、言語聴覚士や管理栄養士が中心となり、在宅復帰に向けて摂食嚥下リハビリテーションに取り組んでいます。

摂食嚥下リハビリテーション
4
多職種協働と退院支援
への取り組み

リハビリテーション効果を最大限に引き出すために、看護・介護の専門職と強力なチームを形成し、全力で在宅復帰へ向け支援いたします。退院にあたってはソーシャルワーカーやケアマネジャーと協力し、社会資源の活用や介護福祉サービスについて情報提供とご提案をいたします。

チーム医療
5
実習生の
受け入れについて

リハビリテーション部では、「平成リハビリテーション専門学校」をはじめとし理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の養成校から多くの実習生を受け入れています。

実習生の受け入れについて

主な対象疾患

  • 上下肢の複合損傷、脊椎損傷による麻痺
  • 脳血管疾患による麻痺、高次脳機能障害、失語症、嚥下機能障害
  • 体幹・上下肢 の外傷、体幹・上下肢の骨折、切断・離断(義肢)、運動器の悪性腫瘍など
  • 関節の変性疾患、関節の炎症性疾患

物理療法

  • 電動式間歇牽引器、渦流浴装置、ホットパック
  • 極超短波治療器、低周波治療器
  • 先端治療機器、ポポ・ゲイトジャッジ・アイビス・BWSTT・TENS・ゲイトイノベーション