部門紹介

診療部 Medical department

診療統括部長よりご挨拶

総合から専門まで
幅広い診療部門を
設置しています 診療統括部長 森岡 研介

当院は日立横浜病院から医療法人化され、平成横浜病院となりましたが、従来から当院の持つ医療機能をそのまま維持するだけでなく、新診療科の開設やリハビリテーション部門の増強、健診部門の拡大等、ますます地域のみなさんのお役に立てるよう体制を強化しています。

診療部門では、臓器別の専門医療だけでなく、病気を全体的に診察・診断する為の総合診療に力を入れております。まずはどこにかかったら良いか分からない場合の窓口としての機能を担うものとして「総合診療内科外来」を設置していますので、お気軽に相談いただければと思います。また、専門外来も内科系では消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・糖尿病内科・腎臓内科・神経内科・慢性肝炎外来などの各種内科外来を設置しており、外科系では一般外科・消化器外科(胃・食道・大腸肛門)・乳腺科・整形外科・リハビリテーション科と広範囲な専門領域の治療が可能となっています。さらには眼科・泌尿器科・耳鼻咽喉科・皮膚科外来も設置しており、それぞれの横の連携を密に適切な診療が受けられるよう配慮しています。また、当院では歯科・歯科口腔外科も併設されており、外来だけでなく入院患者さんも十分な歯科治療が行える体制が整っています。

病棟は120床の病床数を持ち、救急含めた急性期からその後の亜急性期治療を提供しています。一般病床55床に加え、その後の長期療養・在宅療法へ向けた架け橋として回復期リハビリ病棟51床、地域包括ケア病床14床設置し、専任の地域連携室スタッフとともに治療・相談できる環境を整えています。さらに、当院は麻酔科医も常駐しており、一般外科・消化器手術(各種癌手術、腹腔鏡下手術等)、整形外科手術(人工関節手術等)、さらには一般のクリニックでは困難な口腔外科手術も日常的に行っております。これからも、地域のみなさんにとって身近でかつ安心の医療を提供出来るように職員一同取り組んでまいります。